2011年04月18日

舌で綺麗に

「奥さん。パンツの上から舐めて来るなんて、どスケベだなぁ。それで、美味しいのか?」

「ぁあっ……ぉ、おいしいです」

「しばらく穿き替えてないからな、このパンツ。いい味がするだろが?」

「はい……ぃ、いえ、とっても濃厚な味がします。そして、貴方の匂いも」

「どっちなんだよ。まるで、俺の臭いみたいな言い方するじゃねぇか」

「どうして、そんなこと……。こんなに、貴方のことを愛してるのに」

   

「そうか。なら、パンツに染み込んだ俺の汗と小便を吸い取ってみろ」

「ぁあん……はぁ……はぁう……とっても美味しい……」

「だったら、ずっとパンツ舐めてればいい。
 今日のお前のお勤めは、それだけだ。ほら、もっとしっかり舐めんか」

「いやっ……欲しいの。意地悪しないで……」

「何が欲しいんだ。ちゃんと、言ってみろ」

「あうぅ……この硬いのを、お、お口に直にください」

「はっきり名前で言うんだよ。言えないなら、舌でパンツを綺麗にするだけだ」

「はぁぁ……お、おち、おちんぽを舐めさせてください」

「いやらしい顔だな。舌なめずりしてやがる」

「あぁん……いじめないで。貴方の太いのが欲しいんです」

「風呂にも三日ほど入ってないからな、チンカスだらけだ。全部、舌で綺麗にしろ」

「うっ……うごっ、んあぁ……に、匂いがキツい」

「そんなに嬉しいのか。幸子は、真性Mだからな。ほら、カリの裏まで舐めるんだよ」

「ううぅ……こんなに大きくて、硬いなんて……」

「俺のチンカスだ。少しでも吐き出したら、裸に剥いて廊下に放り出すぞ」


アダルト動画:熟女0141_003 梅宮幸子 ストーリーの元となった人妻熟女動画は、アダルト動画:熟女0141_003 梅宮幸子です。  
【奉仕の最新記事】
posted on ハメ撮り動画の熟女人妻 by 人妻キラー | 奉仕
QLOOKアクセス解析